電子レンジ

| コメント(0) | トラックバック(0)
    みなさん、こんにちは。
    先日、北海道の家庭で火災が発生し、2人が亡くなる事件が発生しました。
    火元は電子レンジとみられていますが、電子レンジが爆発し発火するとなるとかなりの威力ではないかと思われます。
    実際に、発火条件を調べる実験が行われました。肉まんのような普通の食品でも、長時間加熱を続けると煙が出てきていました。
    また、完全に炭化したものを加熱すると火がつくことも実証されています。
    よく、卵やアルミホイルを電子レンジで温めると危険だ、といわれますね。
    そもそも、電子レンジは電磁波を使って食品を温めています。その電磁波を受けると物質表面に存在する電子が振動しますが、非金属と違って金属表面の電子は激しく動き回ります。特にアルミホイルは凹凸のある表面から電子が飛び出し火花が出るため、とても危険なのです。
    卵については、表面に膜がはられているため熱の逃げ場がなくなり、爆発につながるそうです。
    アルミホイルは水を介せば問題ないので、卵をアルミホイルで包み、耐熱容器に入れてたっぷりの水に浸すと電子レンジでも温めることができます。
    今回の事件で何が加熱されていたのか、別の条件(ガスが充満しているなど)が重なっていないかなど調査されているところです。
    アルミホイルや電子レンジなど、単体では便利で優れた道具も合わせると危険なことがあります。このような理科の知識はまさに生活に直結しています。みなさん、教科書に載っていることはもちろん、"こんな場合どうなるんだろう"と想像力をはたらかせ、できれば映像つきの動画で結果を調べてみましょう。
    くれぐれも、このような事件・事故が起こらないことを祈ります...。

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://katogakushujuku.com/mt/mt-tb.cgi/1135

コメントする

この記事について

このページは、katogakushujukuが2021年9月14日 14:41に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「消しゴム」です。

次の記事は「山陽学園」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。