強靭なアリ

| コメント(0) | トラックバック(0)
    みなさん、こんにちは‼
    気づけば7月も後半です。
    夏になってセミの鳴き声を聞くたびに、学生時代の夏休みを思い出します。
    みなさん、こんな雑学をご存知ですか?
    "アリはどんな高さから落下しても生きている"
    理論上、物体の質量によって落下するスピードが変わらなくなる地点、というのが存在します。アリの場合、それは10メートルです。
    10メートルの高さから落下してもアリは生きているので、それが20メートルだろうが100メートルだろうが、変わらないという理論です。
    実際に検証されていますが、アリは30メートルの高さから落下しても生きていました。
    アリと人間では大きさ以外に、背骨がなく外骨格で覆われている、という根本的な違いがありますが、それでも驚きですね。
      小さくても強靭でコツコツ頑張るアリ、こんな秘密があったのですね。

    トラックバック(0)

    トラックバックURL: https://katogakushujuku.com/mt/mt-tb.cgi/1085

    コメントする

    この記事について

    このページは、katogakushujukuが2021年7月26日 23:59に書いた記事です。

    ひとつ前の記事は「なんでも楽しむ」です。

    次の記事は「100年に一度のチャンス」です。

    最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。