| コメント(0) | トラックバック(0)
    みなさん、こんにちは!!
    最近は、突然雨が降ってすぐにやむことが多いですね。
    みなさんは車を運転したことがないため実感が湧かないとおもいますが、ものすごい降水量のときはワイパーをハイスピードにしても一瞬視界が悪くなります。注意ですね。
    さて、みなさん、晴れているときに突然降る雨のことを何と呼びますか??
    さまざまな呼び方がありますが、中でも「天気雨」と「狐の嫁入り」と呼ばれており、これは地域によって大きく分かれます。
    実は、西日本では「狐の嫁入り」という呼び方をされます。
    由来は、晴れているのに雨が降るのは変だ、狐に化かされているようだというところから来たようです。葛飾北斎の浮世絵にも『狐の嫁入図』という作品があります。
    狐は昔から、化けたり人をだましたりできる動物の象徴として描かれてきました。想定外のことが起きたときに「狐につままれたようだ」などと言いますね。
    そんな狐ですが、お稲荷さんとしてまつられたり、神聖な生き物として"敬意"をはらわれてもいます。
    私も、狐に悪い印象は抱いていません。ただ、生き物、自然に対する畏怖の念を忘れず、決して甘くみてはいけないなと思いました。
    ......あとなぜか、狐といえば"油揚げ"ですね...。
      みなさんは、"狐"にどんなイメージがありますか??
      animal_cute_fox_15577.jpg

    トラックバック(0)

    トラックバックURL: https://katogakushujuku.com/mt/mt-tb.cgi/1078

    コメントする

    この記事について

    このページは、katogakushujukuが2021年7月19日 14:51に書いた記事です。

    ひとつ前の記事は「炭酸」です。

    次の記事は「画狂老人卍」です。

    最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。