アニメの評価

| コメント(0) | トラックバック(0)
    みなさん、こんにちは!!
    中国で、新種の恐竜の足跡化石が発見されました。
    この恐竜は「エウブロンテス・ノビタイ」と命名されました。
    名前を提案した中国地質大のケイ立達准教授は、大のドラえもんファンとのことで、 恐竜の名前に「のび太」の名前が入っています。
    ドラえもんは"タイムマシン"という時代を自由に行き来できる道具を持っていることから、恐竜のいる時代にタイムスリップすることもできます。
    「のび太と恐竜」というタイトルで、恐竜と人が触れ合う映画があり、准教授はこの映画の内容を絶賛されています。
    日本のアニメの海外ファンの方はたくさんおりますが、このように学術的に評価されることもあるのですね。
    先日、とある中学校の理科のテストで、ポケモンが題材に選ばれていました。(ポケモンの進化のと実在する生物の進化の違いを示せ、という問題だったと思います)
    私も好きなアニメはたくさんありますが、単に面白いというだけでなく、社会の風刺が盛り込まれていたり、考えさせられるアニメもあります。
    これからも、アニメが教育材料としてうまく取り入れられる場面があると良いですね。

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://katogakushujuku.com/mt/mt-tb.cgi/1069

コメントする

この記事について

このページは、katogakushujukuが2021年7月11日 11:02に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「塾ニュースレター8月号」です。

次の記事は「お盆」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。