100年に一度のチャンス

| コメント(0) | トラックバック(0)
    みなさん、こんにちは‼
    みなさん、リュウゼツランという花をご存知ですか??
    ニュースで取り上げられたので、見た方も多いのではないでしょうか。
    このリュウゼツランという植物の花は、なんと100年に一度しか咲きません。
    神奈川県に住む87歳の萩原博文さんが植えたリュウゼツランが、今咲きました。
    萩原さんがリュウゼツランを植えたのは71年前。もちろん、開花したのははじめてです。
    この植物はなぜこれほど花が咲かないのかというと、1稔性植物と呼ばれる分類のため栄養状態が万全な状態になるまで花が咲かない仕組みになっているからだそうです。
    花が咲いて、その後枯れてしまう植物はたくさんあります。しかし、そのはかない美しさが魅力の一つでもあります。
    何気ない恵まれたひとときが、後になってかけがえのない時間だったと気づくこともあるのではないでしょうか。
    どんなときも、その瞬間をおろそかにしないように過ごしましょう。

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://katogakushujuku.com/mt/mt-tb.cgi/1086

コメントする

この記事について

このページは、katogakushujukuが2021年7月27日 13:32に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「強靭なアリ」です。

次の記事は「囚人のパラドックス」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。