2021年7月アーカイブ

そうめんとひやむぎ

| コメント(0) | トラックバック(0)
    みなさん、こんにちは‼
    暑い夏の昼食といえば、そうめんが定番ですね。それとも冷やし中華ですか?
    どちらも、夏にぴったりです。ところで、そうめんによく似た麺に"ひやむぎ"があります。
    そうめんとひやむぎは、どうちがうのでしょう??
    実は、そうめんとひやむぎの違いはその"太さ"です。直径1.3ミリ未満を「そうめん」、1.3ミリ以上1.7ミリ未満を「ひやむぎ」と呼びます。
    ちなみに、1.7ミリ以上は「うどん」、4.5ミリ以上は「きしめん」となります。
    材料はおなじで、麺の太さの違いだけだったのですね。
    うどんも好きですが、やはり今はそうめんを食べたくなります。食欲があまりないときでも、のどごしが良いからでしょうか。
    そうめんばかりだと飽きたり、栄養が偏ってしまうのですが、トマトやきゅうり、ハム、卵焼きといったトッピングを載せてバリエーションを楽しみましょう。

長い長いレース

| コメント(0) | トラックバック(0)
    みなさん、こんにちは‼
オリンピックが開催され、選手たちが次々とメダルを獲得しています。
    ここで、オリンピックについての雑学をひとつ。オリンピックは古代ローマが発祥とのことですが、第一回近代オリンピックはギリシャのアテネで行われました。その時出場した国は14ヶ国。それもほとんどが欧米先進国でした。実施された競技は陸上、水泳、体操、レスリング、フェンシング、射撃、自転車、テニスの8競技13種目です。
      日本がはじめて出場したのは第五回ストックホルム大会なのですが、このとき200メートル短距離走で出場した金栗選手はレースの途中で日射病のため倒れてしまいます。この時棄権の届け出がされていなかったため、金栗選手は行方不明扱いとなり、なんと"完走していない"状態で扱われていたのです。
        そして55年後の1967年に金栗選手は正式にゴールをします。記録は54年と8か月6日5時間32分20秒3とのことです。
          棄権していなければ、書類上記あくまでレースを続けていることになるのですね。記録をしっかりとられることもはじめて知りました^^;
            日射病にかからなかったときの彼の記録も気になります。しかし、彼は本当に長い長いレースを駆け抜けてきたのではないでしょうか。
              ゴールの仕方もひとつではありませんね。良い記録ではなく"完走すること"が目標のマラソンもあります。
                この夏は悔いのないよう、しっかり駆け抜けていきたいですね。

                玉入れ

                | コメント(0) | トラックバック(0)
                  みなさん、こんにちは‼
                  以前は9月に行われていた運動会は、暑すぎて5月や10月に行なわれるようになりましたね。
                  運動会の競技には、"玉入れ"があります。
                  競技用玉入れの高さは実は決まっており、4.12mとなっています。実は、この4.12mには由来があるのですが、それは......。
                  "全日本玉入れ選手権の初開催地のこれまでの最低気温が−41.2度だったから"というものです。
                  玉入れというと玉の個数もかごの高さも変えられそうですが、1996年に全日本玉入れ協会によって独自のルールが定められたことで「アジャタ」という競技名が生まれました。
                  全日本玉入れ選手権が初開催された北海道和寒町では、最低気温が−41.2℃になること、また、和寒町が位置するのが北緯44度であることも合わせて由来になっているようです。
                  ちなみにアジャタでは玉の数は100個と決められています。運動会で一番好きな競技が玉入れだったのですが、このように競技としての歴史や正式な決まりごとがあったのですね。
                  気軽に遊べるスポーツだと思いますが、残念ながらボウリングや卓球とくらべてあまり普及していませんね。
                  一度、玉入れをしてみたい気がします。

                囚人のパラドックス

                | コメント(0) | トラックバック(0)
                  みなさん、こんにちは‼みなさんは、囚人のパラドックスというものをご存知でしょうか。
                    パラドックスとは逆説、一見して真理とは反対のことを言っているようで実は真理の一種を表している、というものです。
                      有名なものに、"囚人のパラドックス"というものがあります。
                          ある囚人が、刑務官から自分の刑の執行日について「月から金の間に、お前自身が予測できない日に執行する」と言われます。
                            囚人はその夜、考えます。「刑が木曜までに執行されなければ、金曜日が執行日だと予測できてしまう。だから金曜日ではない。水曜日までに執行されていなければ、木曜日に執行されると分かってしまうから木曜日でもない。同じように...」実は、こう考えると水曜日も、火曜日も候補から外れます。
                              「じゃあ、月曜日しかないじゃん‼」と囚人は絶望します。
                                しかしすぐに、「今月曜日に執行されると予測できた。では、月曜でもないのでは?」と気づきます。"刑は自分が予測できない日に執行される"という刑務官の言葉を思い出し、月曜日が候補から外れた囚人は安心します。
                                  しかし次の日、刑務官から「本日お前の刑を執行する」と言われ、囚人は慌てます。「今日は執行されないと予測できたのに、なぜ?」
                                    それに対し、刑務官は答えます。「何も間違っていない。現にお前は今日が執行日だと予測できていないだろう」と。
                                      話はこんな感じですが、この話は考えれば考えるほどややこしくなります。囚人の言う"予測できたのに、なぜ?"というのは、"確かに予測できたが、その後安心して候補から外してしまう"ということを刑務官が見越していたから、と言えます。
                                        一度も予測できなかった日ではなく、最終的に予測できなかった日に刑が執行されたのです。
                                          "予測できたために、(最終的に)予測できなかった"というところがパラドックスですね。
                                            おもしろいパラドックスはまだまだあるので、ぜひ調べてみてください。

                                            100年に一度のチャンス

                                            | コメント(0) | トラックバック(0)
                                              みなさん、こんにちは‼
                                              みなさん、リュウゼツランという花をご存知ですか??
                                              ニュースで取り上げられたので、見た方も多いのではないでしょうか。
                                              このリュウゼツランという植物の花は、なんと100年に一度しか咲きません。
                                              神奈川県に住む87歳の萩原博文さんが植えたリュウゼツランが、今咲きました。
                                              萩原さんがリュウゼツランを植えたのは71年前。もちろん、開花したのははじめてです。
                                              この植物はなぜこれほど花が咲かないのかというと、1稔性植物と呼ばれる分類のため栄養状態が万全な状態になるまで花が咲かない仕組みになっているからだそうです。
                                              花が咲いて、その後枯れてしまう植物はたくさんあります。しかし、そのはかない美しさが魅力の一つでもあります。
                                              何気ない恵まれたひとときが、後になってかけがえのない時間だったと気づくこともあるのではないでしょうか。
                                              どんなときも、その瞬間をおろそかにしないように過ごしましょう。

                                            強靭なアリ

                                            | コメント(0) | トラックバック(0)
                                              みなさん、こんにちは‼
                                              気づけば7月も後半です。
                                              夏になってセミの鳴き声を聞くたびに、学生時代の夏休みを思い出します。
                                              みなさん、こんな雑学をご存知ですか?
                                              "アリはどんな高さから落下しても生きている"
                                              理論上、物体の質量によって落下するスピードが変わらなくなる地点、というのが存在します。アリの場合、それは10メートルです。
                                              10メートルの高さから落下してもアリは生きているので、それが20メートルだろうが100メートルだろうが、変わらないという理論です。
                                              実際に検証されていますが、アリは30メートルの高さから落下しても生きていました。
                                              アリと人間では大きさ以外に、背骨がなく外骨格で覆われている、という根本的な違いがありますが、それでも驚きですね。
                                                小さくても強靭でコツコツ頑張るアリ、こんな秘密があったのですね。

                                              なんでも楽しむ

                                              | コメント(0) | トラックバック(0)
                                                みなさん、こんにちは‼
                                                芸能人のいとうまいこさんが、45歳で早稲田大学人間科学部健康福祉科学科のeスクールに入学しました。
                                                  いとうさんは、予防医学ゼミに入ることを希望されていましたが、教授が退官されたためロボット工学のゼミに入ることになりました。
                                                    え、医学と工学では分野が全くちがうのでは...??と思いますよね。
                                                      実際に、違います。いとうさんは現在抗老化学の研究をしており、そのために2年間必死で予防医学を学んだのですが、予期せぬ展開の中"ロボット工学が人気だ"と耳にして入られたそうです。
                                                        いとうさんは、「長く続けるためには、モチベーションを最優先事項にするのは、絶対にダメだと思っています。...私はモチベーションに頼らずに、『月曜日は○○をやる、火曜日は○○』というようにスケジュールを立て、淡々と履行していきました。気分が乗らなくても、決まり事だからとにかくやる。この方法だと、たとえ薄~い1ページでも、着実に積み重ねていけるんです」とコメントされています。
                                                          人生思うように行かないことはたくさんあります。私も、大学のゼミの第一志望は解析学でしたが、人数が多くて他の方に譲りました。(幾何学に行きました)
                                                            数学を学びたかったのでモチベーションは変わりませんでしたが、今思うと成績順で落とされた訳ではないのでもう少し待っても良かったなと思います。笑
                                                              いとうさんの場合選択肢がありませんでした。自分の一番やりたいことがある時、それを何かの都合で譲歩しなければならないとき、いったんそれてもいとうさんのように専門を強く磨いていれば、最終的に念願の道を極めることができます。
                                                                それに、大学は思ったより自由です。笑
                                                                  何歳でも入ることができ、途中で違う大学院に行くこともでき、いとうさんのように研究しながらベンチャー企業と開発を進めることもできます。(すごいですね)
                                                                    多少思うように行かなくても、楽しみましょう‼
                                                                      (余談ですが、いとうさんの写真を見て実年齢を知って驚きました。本当にお若いですね... ^^;)

                                                                    ピクトグラム

                                                                    | コメント(0) | トラックバック(0)
                                                                      みなさん、こんにちは‼
                                                                      先日、オリンピックが開幕しました。
                                                                      1964年の東京オリンピックでは、世界各国の人々が言語を問わず理解できるようにと、各競技を記号的に表す「スポーツピクトグラム」が開発されました。
                                                                        ピクトグラムとは、みただけですぐわかるよう表記された絵文字のことを言います。
                                                                        そして、2020年にスポーツピクトグラムは"動く"ようになりました。
                                                                        このスポーツピクトグラムで、絵の中の選手がどのスポーツをしているか、ひと目でわかります。
                                                                        "絵"は、情報を正確に、分かりやすく、はやく入手することができます。数学でも、文章題の状況をを"図"にしてから式をたてたりしますね。
                                                                        よく、英語では意味を理解しようと日本語に訳すことを考えがちですが、頭の中で状況をイメージすることが大切です。英語がペラペラの選手は、きっちりきっりと日本語に訳さず頭の中で様子を"イメージ"しているはずです。
                                                                        何事にも、イメージすることは大事なのですね。みなさん、夏期講習後の復習が完成している姿もしっかりイメージしてみましょう。
                                                                          IMG_20210724_235256.jpg

                                                                      衝撃を吸収する

                                                                      | コメント(0) | トラックバック(0)
                                                                        みなさん、こんにちは‼
                                                                          みなさん、骨折をしたことはありますか。
                                                                            私は、ありません。骨折がどれほど痛いか、想像もつきません。
                                                                              骨折は、人生を大きく左右する可能性があります。骨粗相症の方は、転倒し約2200Nの衝撃を受けるだけで骨折してしまいます。
                                                                                そこで、開発されたのが"衝撃を受けたときだけ凹む床"です。
                                                                                  この床は、マジック・シールズによって開発されました。商品名は 『ころやわ』。
                                                                                    単に柔らかいマットだと、逆に転倒するリスクが高まります。この床の優れているところは、普段は十分な硬さを保ちながら、転倒して大きな力が床にかかると一時的に柔らかくなるところです。
                                                                                      代表の下村氏はヤマハ発動機でバイクの開発に携わっていました。車体が衝撃を吸収する技術の開発で得た経験を生かし、起業をしたのです。
                                                                                        お年寄りの方だけでなく、小さい子やてんかんを持っている方の怪我のリスクも減らすことができる素材。需要は大きいです。
                                                                                        前にお話したチョコレートと同様、この商品も消費者にとって"希望"となるものです。大量生産と低価格化が検討されていますが、ぜひそうなってほしいですね。

                                                                                      0⁰=1

                                                                                      | コメント(0) | トラックバック(0)
                                                                                        みなさん、こんにちは!!
                                                                                          3¹=3,2²=4のように、累乗の計算は右上の指数の数だけかけて計算しますよね。
                                                                                            3⁰=1,2⁰=1,1⁰=1となります。
                                                                                              では、0⁰は......??
                                                                                                0⁰は"1"です。あれ、と思いませんでしたか??
                                                                                                  そもそも、3⁰=1から、どうしてだろうと思うかもしれません。どんな整数も、0乗した結果は1になる、と"決められて"います。これは"定義"というものです。
                                                                                                    定義は、"はじめにそう決めないと話が進まないから"ということで、設定されます。
                                                                                                      1と自分自身以外約数を持たない数は素数、と定義されていますが、1そのものは素数ではない、とも決められています。
                                                                                                        決められている以上仕方がありませんが、考え方としては、すべての計算のベースを"1"とします。
                                                                                                          3¹は1に3を1回かけたので答えは3,3⁰は 1に3を1回もかけていない(何もしていない)ので答えは1。
                                                                                                            すると、当然0⁰も1になる...。
                                                                                                              腑に落ちない方もおられるかもしれません。0⁰=1は計算で導いた結果ではないので、不思議な感覚になるのではないでしょうか。
                                                                                                                数学には、"0で割る"ことなど"考えてはいけない"ことも存在します。なぜ考えてはいけないのか、そのあたりもおもしろいのでぜひ調べてみてください。

                                                                                                              接着剤の謎

                                                                                                              | コメント(0) | トラックバック(0)
                                                                                                                みなさん、こんにちは!!
                                                                                                                みなさんは、"瞬間接着剤"を使ったことはありますか??
                                                                                                                瞬間接着剤はとても強力で、扱いには十分注意しなくてはなりません。
                                                                                                                ここでみなさん、瞬間接着剤はなぜ、容器そのものには引っ付かないのだと思いますか??
                                                                                                                何か特殊な容器を使っているのか。
                                                                                                                正解は単純です。容器が特殊なのではなく、接着剤が空気中の水分を吸収して固まるという仕組みなので、蓋を開けるまでは固まらないのです。
                                                                                                                考えてみると想像に難しいことではありませんが、"接着剤の固まる原理"を知らない状態で"なぜ容器にはひっつかないのか?"→"接着剤は空気中の水分に触れてはじめて固まるから"という事実にたどりつくためには、少なくとも"考察"がされています。
                                                                                                                みなさんの身のまわりにも、そういえばこれって...なぜ??という小さな疑問があるはずです。解決すると大したことはないですが、考察すると知っている知識が使われたり発想の転換が行われたり、意外と考えることになります。
                                                                                                                もし疑問を見つけたら、スマホで検索する前にぜひ"一考"してみてください。
                                                                                                                ......ちなみに、"じゃあ接着剤は容器に詰める際どうやってるんだろう??真空にしている??"という新たな疑問がうまれました...。みなさんは、どのように想像しますか。

                                                                                                              画狂老人卍

                                                                                                              | コメント(0) | トラックバック(0)
                                                                                                                みなさん、こんにちは!!
                                                                                                                みなさん、"絵師"という言葉をよく目にしませんか。
                                                                                                                ネット上、特にツイッターで自身の描いた絵を投稿されているたくさんの"絵師"がおられます。
                                                                                                                ...と、ここでいう絵師は絵を描く人のことを指しますが、昔ももちろん"絵師"は存在しました。
                                                                                                                水墨画はすでに奈良時代に描かれていました。江戸時代になると"浮世絵"が大ブームとなります。
                                                                                                                浮世絵師はたくさん存在しますが、なかでも葛飾北斎は有名ですね。
                                                                                                                葛飾北斎は、江戸時代後期の化政文化を代表する絵師です。代表作は富嶽三十六景。
                                                                                                                ここで、北斎についてのエピソードですが、彼は画家として名前を何度も変えています。そして、彼が75歳のときに名乗った名前が"画狂老人卍"です。
                                                                                                                  名前のインパクトに圧倒されますね。かっこいいですが、素人が名乗るとただの"イタイ人"になりそうです......。
                                                                                                                    北斎だからこそ、名乗れた、北斎にふさわしい名だと思います。
                                                                                                                      実は私も、(投稿はしていないですが)趣味で絵を描いていますが、自らを画狂と言えるほどに極めた北斎には本当に圧倒されます。
                                                                                                                        人生をかけて何かに打ち込むには相当のリスクも伴いますが、趣味程度に行っていてそこから開花する才能ももちろんあります。私は、絵はあくまで"趣味"として楽しみたいですが、みなさんの中に本格的にデッサンを研究している方もおられるかもしれません。
                                                                                                                          趣味か本業か重要ではなく、"好きなことに打ち込む瞬間"をこころから楽しむ時間を大事にしたいですよね。
                                                                                                                            私は富嶽三十六景は力強くて浮世絵のなかで一番好きです。「画狂老人卍」さんの作品をぜひみてください。みなさんはどの浮世絵が好きですか??

                                                                                                                            | コメント(0) | トラックバック(0)
                                                                                                                              みなさん、こんにちは!!
                                                                                                                              最近は、突然雨が降ってすぐにやむことが多いですね。
                                                                                                                              みなさんは車を運転したことがないため実感が湧かないとおもいますが、ものすごい降水量のときはワイパーをハイスピードにしても一瞬視界が悪くなります。注意ですね。
                                                                                                                              さて、みなさん、晴れているときに突然降る雨のことを何と呼びますか??
                                                                                                                              さまざまな呼び方がありますが、中でも「天気雨」と「狐の嫁入り」と呼ばれており、これは地域によって大きく分かれます。
                                                                                                                              実は、西日本では「狐の嫁入り」という呼び方をされます。
                                                                                                                              由来は、晴れているのに雨が降るのは変だ、狐に化かされているようだというところから来たようです。葛飾北斎の浮世絵にも『狐の嫁入図』という作品があります。
                                                                                                                              狐は昔から、化けたり人をだましたりできる動物の象徴として描かれてきました。想定外のことが起きたときに「狐につままれたようだ」などと言いますね。
                                                                                                                              そんな狐ですが、お稲荷さんとしてまつられたり、神聖な生き物として"敬意"をはらわれてもいます。
                                                                                                                              私も、狐に悪い印象は抱いていません。ただ、生き物、自然に対する畏怖の念を忘れず、決して甘くみてはいけないなと思いました。
                                                                                                                              ......あとなぜか、狐といえば"油揚げ"ですね...。
                                                                                                                                みなさんは、"狐"にどんなイメージがありますか??
                                                                                                                                animal_cute_fox_15577.jpg

                                                                                                                              炭酸

                                                                                                                              | コメント(0) | トラックバック(0)
                                                                                                                                みなさん、こんにちは!!
                                                                                                                                みなさん、炭酸飲料は好きですか??
                                                                                                                                私はたまに、飲みたくなります。あのシュワッとした感じが良いのですが、強炭酸は結構刺激があって苦手という方もおられますね。
                                                                                                                                炭酸飲料は、二酸化炭素を液体に圧縮して作られます。当然、開栓してから時間がたつとだんだん炭酸が抜けてきます。
                                                                                                                                炭酸が完全に抜けてしまうと、コーラなんかはなんとも言えない感じになりますね。
                                                                                                                                そこで、できるだけ炭酸を長持ちさせる方法ですが、まずキャップを強く閉めるということが考えられます。単純に、空気が抜けにくくするためです。
                                                                                                                                それでも、一度開けてしまうと隙間はできるもので、ペットボトルを逆さまにすることで改善することもできます。
                                                                                                                                また、温度が高くなるほど液体に圧縮された二酸化炭素はもとの気体に戻ろうとします。なるべく冷蔵庫で保存すると良いでしょう。
                                                                                                                                特に夏場に飲みたい炭酸、うまく工夫して、おいしい状態でいただきたいですね。

                                                                                                                              無限を表す

                                                                                                                              | コメント(0) | トラックバック(0)
                                                                                                                                みなさん、こんにちは!!
                                                                                                                                みなさん、円周率はご存知ですよね。
                                                                                                                                小学生の方の中 で、まだ習っていない方もおられるかもしれませんが...。
                                                                                                                                円周率は、円周を直径で割ることで得られる値です。どんな大きさの円でも、円周率は必ず3.14...になります。
                                                                                                                                この円周率は無理数です。無理数は、「整数分の整数」という分数の形で表せない数のことを言います。
                                                                                                                                  みなさんの中で、"円周率は円周÷直径という形で表せているではないか"と思った方はおられますか。
                                                                                                                                    もし疑問に思われたら、着眼点は鋭いです。
                                                                                                                                      しかし、教科書ではうまく数字が切られているこの円周も、(12.56cmなど)無理数です。
                                                                                                                                        円は無限多角形ですから、その周の長さは有限ではないのです。
                                                                                                                                          理論上"真円"と呼ばれているものは、どこまでも限りなく滑らかで、私達が普段目にする円は精度に限界があります。
                                                                                                                                            "無限"については、技術が発展したとしても表せない、"限界"がどうしてもあるとはおもうのですが、その限界を取っ払う画期的な方法が発見されるかも...しれませんね。

                                                                                                                                          希望の技術

                                                                                                                                          | コメント(0) | トラックバック(0)
                                                                                                                                            みなさん、こんにちは!!
                                                                                                                                            いよいよ明日から夏期講習です。
                                                                                                                                            水分は多目に用意し、講習に臨みましょう。
                                                                                                                                            本日目にとまったニュースは、脳インプラント装着の男性がコンピューターを通じて話せるようになった、というものです。
                                                                                                                                            男性は20歳のときに脳卒中によって発話能力を失いました。
                                                                                                                                            米カリフォルニア大学サンフランシスコ校(UCSF)の研究チームによって開発された「神経義肢」という技術によって、脳から直接信号をキャッチできるようになります。
                                                                                                                                            脳の信号から単語をおこすそうですが、ミスの割合は中央値で25.6%とのことです。
                                                                                                                                            病気で、意志疎通をしたいのに出来ない人が世界中にたくさんいらっしゃいます。その方々にとってこのような"希望"となる技術が、はやくに一般化されると良いなと思いました。

                                                                                                                                          夏期講習スタート

                                                                                                                                          | コメント(0) | トラックバック(0)
                                                                                                                                            みなさん、こんにちは!!
                                                                                                                                            通常授業は本日までで、明後日から夏期講習が始まります。
                                                                                                                                            つい 2、3日前からセミの声が聞こえはじめ、あ、夏だなと実感しました。
                                                                                                                                            夏期講習ではこれまでの復習をしっかり行い、まだ弱い部分を強化します。
                                                                                                                                            中学生は期末テストがもう返ってきているところですが、答案を見返して、改めて「ここの単元は弱いな」とおもう部分はなかったでしょうか。
                                                                                                                                            テストは、今の理解度を具現化したものです。終わったからと放っておいたり、苦手から目をそむけたりせず、解き直しはしっかりしましょう。
                                                                                                                                            それではみなさん、暑い夏も涼しい教室で頑張っていきましょう。

                                                                                                                                          幸運を招く猫

                                                                                                                                          | コメント(0) | トラックバック(0)
                                                                                                                                            みなさん、こんにちは!!
                                                                                                                                            みなさん、"招き猫"を見たことがありますか。
                                                                                                                                            お店に置いてあることがありますね。
                                                                                                                                            招き猫は、右手で招いているものと左手で招いているものがあります。
                                                                                                                                            右手で招いているものは金運を、左手で招いているものはお客さんを呼び寄せる、とされています。
                                                                                                                                            招き猫の色にも意味があり、黒い招き猫は魔除け、赤い招き猫は病除けの意味が込められているそうです。
                                                                                                                                            日本では黒猫が縁起の良い猫とされていますが、海外では不吉だと言われてしまうこともあります...。
                                                                                                                                            考え方は人それぞれです。個人的には、黒猫をみても縁起の良さなどは気にせず単にかわいいなと癒されるだけです。笑
                                                                                                                                            何もないところになかなか幸運はとんでこないのではないかなと思います。日々努力を続けていれば、猫たちは幸運を運んでくれるかもしれませんね。
                                                                                                                                              neko_ushiro.png

                                                                                                                                          電気

                                                                                                                                          | コメント(0) | トラックバック(0)
                                                                                                                                            みなさん、こんにちは!!
                                                                                                                                            本日はダラダラと雨が降り続け、雷もゴロゴロ鳴っていましたね。
                                                                                                                                            とある塾生の子が、"雷(により熱せられた空気)は太陽の表面温度の4倍近い温度になる"、"雷に3回あたったが健在の人がいる"、と教えてくれました。
                                                                                                                                            雷にあたる確率は一等の宝くじにあたる確率より低いと聞きますが、雷がなりはじめると建物の中に移動しなさい、車の中は安全だ、などとよく言われていますね。
                                                                                                                                            人体に流れる電流の限界値は電流と時間をかけた量で表されます。100mAの電流が1秒間流れると危険ですが、0.1秒で電流が遮断されれば安全なのです。
                                                                                                                                            私は苦手なのですが、電気風呂の電流は1~10mAなのだそうです。小さいころ、電気風呂を見たときはあの(ビリビリっとくる)感覚が苦手なのに指だけつけてた記憶があります...。
                                                                                                                                            電気は、うまく利用すれば私達の暮らしを豊かにしてくれます。とりあえず、日常で使う電気は大切にしたいものですね。

                                                                                                                                          お盆

                                                                                                                                          | コメント(0) | トラックバック(0)
                                                                                                                                            みなさん、こんにちは!!
                                                                                                                                            みなさん、8月には"お盆"がありますね。
                                                                                                                                            一般的に、お盆は8月13日から16日までの間とされています。
                                                                                                                                            この期間に帰省をする方が多いですが、お盆にはご先祖様が帰ってくるため、皆でお迎えする風習が日本には強く根付いています。
                                                                                                                                            お盆には、ご先祖様が迷わないように火を炊いて煙を出したり、牛と馬に例えた"精霊馬"をナス・キュウリでつくったり、お供え物をしたりと"ご先祖様を気遣う心"を忘れません。
                                                                                                                                            実は、この精霊馬も"行きは馬で早く、帰りは牛でゆっくり帰ってほしい"という意味があるそうです。
                                                                                                                                            日本人の細かな気配り、おもてなしの精神を感じますね。
                                                                                                                                            お盆は単なる休み、とはとらえず、普段会えない親戚の方と交流を深めたり、ご先祖様に感謝したりして過ごしましょう。

                                                                                                                                          アニメの評価

                                                                                                                                          | コメント(0) | トラックバック(0)
                                                                                                                                            みなさん、こんにちは!!
                                                                                                                                            中国で、新種の恐竜の足跡化石が発見されました。
                                                                                                                                            この恐竜は「エウブロンテス・ノビタイ」と命名されました。
                                                                                                                                            名前を提案した中国地質大のケイ立達准教授は、大のドラえもんファンとのことで、 恐竜の名前に「のび太」の名前が入っています。
                                                                                                                                            ドラえもんは"タイムマシン"という時代を自由に行き来できる道具を持っていることから、恐竜のいる時代にタイムスリップすることもできます。
                                                                                                                                            「のび太と恐竜」というタイトルで、恐竜と人が触れ合う映画があり、准教授はこの映画の内容を絶賛されています。
                                                                                                                                            日本のアニメの海外ファンの方はたくさんおりますが、このように学術的に評価されることもあるのですね。
                                                                                                                                            先日、とある中学校の理科のテストで、ポケモンが題材に選ばれていました。(ポケモンの進化のと実在する生物の進化の違いを示せ、という問題だったと思います)
                                                                                                                                            私も好きなアニメはたくさんありますが、単に面白いというだけでなく、社会の風刺が盛り込まれていたり、考えさせられるアニメもあります。
                                                                                                                                            これからも、アニメが教育材料としてうまく取り入れられる場面があると良いですね。

                                                                                                                                          塾ニュースレター8月号

                                                                                                                                          | トラックバック(0)

                                                                                                                                          皆さんこんにちは!

                                                                                                                                          塾ニュースレター8月号が出来上がりましたので、

                                                                                                                                          下記よりダウンロードをどうぞ!!

                                                                                                                                          ニュースレター8月号

                                                                                                                                          オノマトペ

                                                                                                                                          | コメント(0) | トラックバック(0)
                                                                                                                                            みなさん、こんにちは!!
                                                                                                                                            みなさん、ショートケーキは好きですか??
                                                                                                                                            ショートケーキというと、イチゴと生クリームの乗ったケーキを思い浮かべますよね。
                                                                                                                                            みなさん、ショートケーキの"ショート"はどういう意味かご存知でしたか??
                                                                                                                                            ショートは英語で"short"意味は"短い"。
                                                                                                                                            ショートケーキはたいていカットされた状態なので、"小さな"という意味かな...??と、思いますよね。
                                                                                                                                            実は、"short"には"サクサクした"という意味もあるのです。ショートケーキのショートは、こちらの意味です。
                                                                                                                                            日本でも、サクサクしたお菓子を"クリスピー"と表現しますが、英語の"crispy"は"パリッとした食感の"と訳されたりします。
                                                                                                                                            同じような表現に見えますが、微妙にニュアンスが違うようです。
                                                                                                                                            ポテトチップスやシリアルはcrispy、タルト生地などのサクサクした食感(ショートケーキはもともとタルト生地でした)はshortと表現されています。
                                                                                                                                            日本でも、"サクサク""パリパリ"など言葉を使い分けて食感を表しますね。
                                                                                                                                            擬音語や擬声語を表す言葉を"オノマトペ"といいますが、たくさんあるので調べてみてください。
                                                                                                                                              shortcake_strawberry.png

                                                                                                                                          人類の限界

                                                                                                                                          | コメント(0) | トラックバック(0)
                                                                                                                                            みなさん、こんにちは!!
                                                                                                                                            ベルギーで、11歳の少年ローラン・シモンズ君が物理学の学士号を取得しました。
                                                                                                                                            彼は、なんと7歳半の時にアイントホーフェン工科大学で電気工学を学び始めました。
                                                                                                                                            海外には飛び級制度があり、実年齢より2年も3年も先のクラスに入るのは珍しくありません。しかし、シモンズ君は実年齢とはあまりにもかけ離れた高度な思考ができる"天才"です。
                                                                                                                                            彼は古典力学や量子力学に強い関心を持っており、"人体のサイボーグ化技術を発展させることで不死を目指す"という明確な目標があります。
                                                                                                                                            ...とても11歳の子が考える内容だと思えません。シモンズ君が専門に学んでいるのは物理学なので、生物学的な人体の限界は差し置いて、本当にそれに近いものを実現してしまうのではないかと思えてきます。
                                                                                                                                            心臓の役割を果たす機械を、彼ならつくってしまえるかもしれません...。
                                                                                                                                            AIが人類を支配する、なんてちょっと怖い話もありますが、彼は純粋に人類の限界に挑戦しているのだと思っています。その技術で延命できて喜ぶ方がいるのなら、ぜひ、探求を続けてほしいですね。

                                                                                                                                          天の川

                                                                                                                                          | コメント(0) | トラックバック(0)
                                                                                                                                            みなさん、こんにちは!!
                                                                                                                                            本日は、七夕ですね。
                                                                                                                                            七夕に見える天の川、あれはひとつの銀河の一部を見た状態のものです。
                                                                                                                                            英語圏ではミルキーウェイとも言われる天の川、夜空に白い帯として見えるほど、たくさんの恒星が集まっています。"天の川銀河"は"私達が属している太陽系"が属している、とてつもなく大きな恒星集団になります。
                                                                                                                                            ちなみに織姫はベガ、彦星はアルタイルという星に例えられています。
                                                                                                                                            今日は天気が悪いですが、晴れていたとしても残念ながら、都市部では明るすぎて見えないそうです...。
                                                                                                                                            一年に一度、織姫と彦星が会えることが許される特別な日です、期末テストも終わりましたみなさん、何か自分に特別なごほうびを買うのも良いのではないでしょうか。

                                                                                                                                          A型、B型、C型

                                                                                                                                          | コメント(0) | トラックバック(0)
                                                                                                                                            みなさん、こんにちは!!
                                                                                                                                            みなさんの血液型は、何型ですか??
                                                                                                                                            血液型には、A型、B型、AB型、O型があります。
                                                                                                                                            日本人の40%がA型と言われていますね。
                                                                                                                                            ここで、血液型はA,B...ときてC型とはならないないのか、と思ったことはありませんか。
                                                                                                                                            私はずっと謎でした。AB型は、AとB両方の性質を持っているのかな、と。でもO型は......何かの頭文字か......??と。
                                                                                                                                            実は、"O型"はもともと、C型と呼ばれていたのです。
                                                                                                                                            発見当初、血液型はA,B,とC(現在のO型)の3種類に分けられました。AB型は後程見つかりました。
                                                                                                                                            C型がなぜO型と呼ばれるようになったかというと、"A型の抗原物質もB型の抗原物質も持ち合わせない"すなわち"0(ゼロ)型"と表記されるようになってから、この"0"を"O"と間違えられるようになったのです。...笑
                                                                                                                                            つまり、数字のゼロとアルファベットのオーの見間違えから、"O型"と呼ばれるようになったのです。
                                                                                                                                            何かすごく科学的な根拠があるのかと思ったら...拍子抜けですね。
                                                                                                                                            血液型によって性格に傾向がある、という話もありますが、 "○型の人は□□だ"と決めつけるのは良くないですね。傾向はあるのかもしれないですが...。
                                                                                                                                            みなさんは、どう思いますか??
                                                                                                                                              illustrain02-english02.png

                                                                                                                                          ミント

                                                                                                                                          | コメント(0) | トラックバック(0)
                                                                                                                                            みなさん、こんにちは!!
                                                                                                                                            いつのまにか7月に入っていました。本当にはやいです。
                                                                                                                                            かなり暑くなってきました、夜はクーラーをつけないと熱中症が怖いですね。
                                                                                                                                            清涼感のある食べ物はたくさんありますが、物理的に涼しくなるかき氷など冷たいもの以外にも、"ミント"があります。
                                                                                                                                            ミントの香りは清涼感をもたらしますが、気分的な面だけでなく、メントールというミントの成分が血管の拡張、消化不良や喉の炎症の改善、気分を落ち着かせるなどの効果をもたらします。
                                                                                                                                            実は、こなメントールには体を温める作用もあります。先ほどあげた、血管を拡張させる作用によって体を冷却する作用もあるのですが......。
                                                                                                                                            冷え性改善にも、清涼感を与える面でも効果を発揮するミント。相反する2面性を持つからこそ、多くの人々に好まれているのかもしれませんね。
                                                                                                                                            ミントには、アレルギー症状にも効果があるそうです。ぜひ、ミントティーなどを飲んでリラックスしましょう。
                                                                                                                                              icecream_chocolate-mint_illust_988.png

                                                                                                                                          論語をつぶやく

                                                                                                                                          | コメント(0) | トラックバック(0)
                                                                                                                                            みなさん、こんにちは!!
                                                                                                                                              本日も、テスト対策を行いました。来週テストを控えている方、頑張りましょう。
                                                                                                                                              3年生の国語では、『論語』がテスト範囲に入っている方も多いですね。
                                                                                                                                              論語には、『子曰く』で始まる、さまざまな教えが記述されています。儒教の祖孔子によって、約2500年前につくられました。
                                                                                                                                              孔子の教えはたくさんありますが、ひとつの条は100文字から200文字にまとめられています。
                                                                                                                                              みなさん...この文字数を聞いて、何か思い浮かぶものはありませんか。
                                                                                                                                              みなさんのとても身近にあるものです。それは......"ツイッター"です。
                                                                                                                                              ツイッターの文字数制限は140字。論語は、1ツイートにつき、だいたいひとつの教えをまとめることができるのです。
                                                                                                                                              実際に、孔子が呟くツイッターアカウントがあります......。
                                                                                                                                              みなさん、テストが終わったらツイッターをのぞいてみてください。
                                                                                                                                              "学びて時に之を習ふ、亦説ばしからずや。 朋有り遠方より来る、亦楽しからずや。 人知らずして慍らず、亦君子ならずや"。

                                                                                                                                            ポジティブ

                                                                                                                                            | コメント(0) | トラックバック(0)
                                                                                                                                              みなさん、こんにちは!!
                                                                                                                                              テストが終わった方も多いと思いますが、来週に控えている方もいますね。
                                                                                                                                              中学生、高校生のたくさんの方がテスト勉強に来ています。
                                                                                                                                              ここは理解があやふやだ、というところを自分で把握して、「もう一度解きなおすのでコピーしてください」という注文をよく受けます。
                                                                                                                                              まず、分からないところが"どこなのかをよく分かっている"のは、大切なことです。
                                                                                                                                              ここが分からないから、残された時間でこういう問題を解くべきだ、とざっくりで良いのでイメージしておきたいですね。
                                                                                                                                              学習は受け身ではなく自発的に行うのが理想です。宿題をしないと成績に影響するから、と考えるより、宿題をすることで復習しテスト勉強につなげられる、と考えましょう。
                                                                                                                                              ものは考えようなのです。マイナス思考になってしまうのは私自身もよく分かりますが、あえてポジティブに、ポジティブにとらえましょう。
                                                                                                                                              みなさん、こんにちは!!
                                                                                                                                              本日は、学芸館清秀中学校・高等部の説明会に行って来ました。
                                                                                                                                              中学入試について昨年と変わった点は、3会場で実施していた試験を当校のみで行うということ、取得検定による加点が級ごとに細かく分かれたということです。
                                                                                                                                              例えば3級を取得していると6点、4級を取得していると3点加算されます。
                                                                                                                                              また、専願点なども含めた入試の得点率が85%以上ならS奨学生、80%以上ならE奨学生、70%以上ならA奨学生になれます。
                                                                                                                                              こちらの学校は教育熱心だという印象でしたが、戦前の日本の"軍隊"のような"押し付ける"教育は憲法違反である、という理念についてのお話も聞きました。
                                                                                                                                              「早寝、早起き、朝ご飯は絶対的に正しい」という考えこそが、まずいのではというお話です。
                                                                                                                                              現代は特に、さまざまな考え方が認められて、昔とは大きく違うこともあると思います。大切なのは、一人一人の考えを尊重したうえで、先生は生徒たちを援助していく、ということですね。

                                                                                                                                            IB,DP,MYP

                                                                                                                                            | コメント(0) | トラックバック(0)
                                                                                                                                              みなさん、こんにちは!!
                                                                                                                                            本日は、朝日塾中等教育学校の説明会に参加してきました。
                                                                                                                                              こちらの学校の特徴は、なんと言っても"IBプログラム"。こちらについては、以前も触れました。
                                                                                                                                                国際基準の大学入学資格である"IBディプロマ資格"というものを取得するため、DPカリキュラムという教育課程を実施しています。試験の合否に関わらず、このDP(ディプロマプログラム)カリキュラムを受けているというだけで大学側から高い評価を得ているそうです。(DP生が浪人すること自体珍しいとのことです。)
                                                                                                                                                  このプログラムでは、探求活動による問題解決力、プレゼンテーションによる表現力など、今社会が、大学が求めているものにあてはまった教育を受けることができます。
                                                                                                                                                    中学入試に関しては、グローバル特待という新しい特待が設けられました。また、恒例の特色評価型入試では、特色入試に加え、新たに"IB入試"というものが加わります。
                                                                                                                                                      ちなみに、MYPはミドルイヤープログラム(ミドルは真ん中という意味なので中年プログラム)、そちらを履修してから高校でDP(ディプロマプログラム)を受けます。高校の数学・英語はすべて英語で解説を受けます。
                                                                                                                                                        IB、DP、MYP...と横文字がたくさんあるので、混乱してはいませんか。ら詳しく知りたい方は、資料ももらいましたので、気軽にご相談ください。

                                                                                                                                                        このアーカイブについて

                                                                                                                                                        このページには、2021年7月に書かれた記事が新しい順に公開されています。

                                                                                                                                                        前のアーカイブは2021年6月です。

                                                                                                                                                        次のアーカイブは2021年8月です。

                                                                                                                                                        最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。