オイラー理論

| コメント(0) | トラックバック(0)
    みなさん、こんにちは!!
    先日"トポロジー"についてほんの一部触れましたが、幾何学の問題に、"一筆書き"があります。
    昨日紹介したケーニヒスベルクの問題とは、プロイセン王国(現ロシア)のケーニヒスベルクにある2つの島にかけられた7つの橋を、同じ橋を2度通ることなくすべて渡りもとの場所に戻れるか、という問題でした。
    この問題に対するオイラーの結論は"不可能"です。
    オイラーのこの証明から、"グラフ理論"と呼ばれる数学的理論がうみ出されました。
    この"グラフ理論"をもとに生み出されたのが、Googleの「trips」というアプリです。
    このアプリは、"ローマに8時間滞在する"と告げれば、観光地をめぐるルートを紹介してくれるのです。
    ここで使われているのはオイラーの理論。まさかこんな風にがっつり使われているとは、オイラーは想像していたでしょうか。
    どちらにせよ、オイラーの理論があっての最適コース検索機能です。
    さすが数学の現人神(アラヒトガミ)の1人とよばれる人物ですね。他にも、オイラーは多大な功績を残しておりますので、ぜひ関連書籍を読んでみてください。

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://katogakushujuku.com/mt/mt-tb.cgi/1043

コメントする

この記事について

このページは、katogakushujukuが2021年6月14日 23:35に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「ニュースレター7月号Web版公開」です。

次の記事は「衆議院」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。