トポロジー

| コメント(0) | トラックバック(0)
    みなさん、こんにちは!!
    小学生のみなさんは算数、中学生、高校生のみなさんは今、数学を勉強していますね。
    学問としての"数学"は、様々な分野に分かれます。
    数学は、代数学、解析学、幾何学、確率・統計に分かれます。
    その中でも幾何学は図形を扱うもので、"トポロジー"という専門用語があります。
    「ケーニヒスベルグの橋の問題」という問題があり、数学者のオイラーがこの問題を解決し論文を発表しました。この論文では7つの橋を一回ずつ渡ることが不可能であることと、他にもこの考えが当てはまることが示されました。
    トポロジーの考えはこのオイラーに始まりました。トポロジーは、"もののつながり"を表す概念です。
    ある漢字が一筆書きできるかできないか、というような問題も扱います。他にも、"メビウスの輪"やドーナツの形(トーラス)がよく取り扱われます。
      トポロジーの考えでは、ドーナツとコーヒーカップの取っ手の部分は"同じ"ものなのです。
        なかなか奥が深いので、ぜひトポロジーについて調べてみてください。
          thumb_9c73ca314e8e5f56d9903c91d7b7029e.jpg

      トラックバック(0)

      トラックバックURL: https://katogakushujuku.com/mt/mt-tb.cgi/1041

      コメントする

      この記事について

      このページは、katogakushujukuが2021年6月13日 17:29に書いた記事です。

      ひとつ前の記事は「コアラの解毒」です。

      次の記事は「ニュースレター7月号Web版公開」です。

      最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。