文化の違い

| コメント(0) | トラックバック(0)
    みなさん、こんにちは!!
    ニュースで、ベトナム在住の日本人男性が、アヒルの卵を3日ほど引き出しに保管していたところ、なんとひながかえったというニュースがありました。
    みなさん、この事実をみて「えっ?」と思ったのではないでしょうか。まず、卵を引き出しに保管するということ、そして(鶏など)食用卵は無精卵でひなはかえらないのではないか、ということ...。
    このベトナムの卵は、私たちの知っている卵とは違います。このアヒルの卵は有精卵であり、しかも、ひなが半分ふ化している状態で常温で保存するのだそうです。
    そして、この卵はその状態でゆでて食します。"ホビロン"と呼ばれるそうです。
    ホビロンの存在をはじめて知り、かなり驚きました。画像検索のほうは、苦手な方もいるのでご注意ください。
    かなりカルチャーショックを受けますが、ベトナムでは伝統的な珍味のようです。日本の納豆も、海外の方にとって衝撃的なのかもしれませんね。
    昔から当たり前にあるものもあれば、身近になくてショックを受けるものもあります。大切なのは、どんな場面でも相手の文化を尊重することなのではないでしょうか。
    ちなみに、卵からかえったひなはそのまま育てられているとのことです。(^^)

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://katogakushujuku.com/mt/mt-tb.cgi/1036

コメントする

この記事について

このページは、katogakushujukuが2021年6月 7日 21:46に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「歯みがき粉の進化」です。

次の記事は「6÷2(2+1)の答え」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。