6÷2(2+1)の答え

| コメント(0) | トラックバック(0)
    みなさん、こんにちは!!
    突然ですが、問題です。
    6÷2(2+1)の計算結果はいくらになりますか??
    私は、答えは1だと思いました。一番はじめに2と1を足して3、かっこの前についている2をかけて6、最後に6÷6で1。
    実は、この問題の答えは"1"派と"9"派に分かれます。どちらが間違っているということではなく、数学者の間でも2手に分かれるのです。
    数学なのに、答えが2手に分かれる...??
    結論から言うと、この問題は"定義不足"なのです。数学では必ず定義があり、ものの考え方やルールをはっきり決めます。
    たとえば、足し算や引き算よりかけ算、割り算を優先して計算する。これは世界共通で定義されています。
    しかし、この問題ではその後、2を先にかけるか前の割り算を先にするかという順番があいまいです。
    算数では、割り算とかけ算は左から順番にする、というルールがありますから9は正しい。
    しかし、中学生のみなさん、9a²÷3aの答えは"3a"一択ですよね。文字式のルールを知っているみなさんは、(9a²÷3)×aで"3a³"とはならないですよね。
    3aはあくまでかたまりであり、"9a²"を"3a"で割る、と数学では考えます。
    同じ考えだと、"6"を"2(2+1)"で割りますね。
    この問題は、算数のルールで考えるか、数学のルールで考えるかで答えが分かれるため、良い問題ではありません。誤解を生まずに答えを9に統一するには、6÷2×(2+1)などと表記するなど工夫が必要ですね。

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://katogakushujuku.com/mt/mt-tb.cgi/1037

コメントする

この記事について

このページは、katogakushujukuが2021年6月 8日 15:30に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「文化の違い」です。

次の記事は「エアーズロックの全貌」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。