防災チェック

| コメント(0) | トラックバック(0)
    みなさん、こんにちは。
    熊本地震から5年、被災者の方が、あってよかったもののリストを挙げられています。
    必要性を感じたのは、運動靴、眼鏡、防寒着、ブルーシート、ウエットティッシュ、ガスこんろ、ラップ、リュックサックなど。家の中だと分かりませんが、冬でなくても、夜は外は冷え込みます。また、水道が思うように使えない場合があるので、ウェットティッシュは用意しておいた方が良いです。
    逆にいらなかったものは、ろうそく、マッチなどです。明かりにと用意したものの、火事が心配で使えなかったとのことです。
      非常食は保存が効きますが、ウェットティッシュがいつの間にか乾燥していたり、現在は必要ないものが入っていたりといったことが考えられますので、定期的に非常袋をチェックしましょう。
      これらの備品を使うのは、最悪の場合です。出番がないことを祈りましょう。
        9887.png

    トラックバック(0)

    トラックバックURL: https://katogakushujuku.com/mt/mt-tb.cgi/972

    コメントする

    この記事について

    このページは、katogakushujukuが2021年4月 3日 14:29に書いた記事です。

    ひとつ前の記事は「新調」です。

    次の記事は「始まり」です。

    最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。