バットをもう一度

| コメント(0) | トラックバック(0)
    みなさん、こんにちは!!
    暖かくなったと思えば、急に寒くなり。体調管理は十分必要です。
    みなさんの中には、野球をしている方もいますね。野球には木製バットまたは金属バットが使われますが、木製バットは折れることがあります。
      折れたバットはその後、どこへ行くのでしょうか。プロ野球選手のバットなら、テーピングしたあとサインを書いてファンにプレゼントすることもあります。
        折れたバットは、箸の製造メーカーに送られたり、靴べらに改良されたりするそうです。
          バットは、ギターなどの楽器同様繊細に扱われているようです。
            壊れたからといって、捨てるにはもったいない大切な資源です。
              みなさんの身近にある、バットやボールなどは雑に扱わず、"ものを大切にする"気持ちをもって使用したいものですね。
                baseball_bat_illust_2013.png

            トラックバック(0)

            トラックバックURL: https://katogakushujuku.com/mt/mt-tb.cgi/928

            コメントする

            この記事について

            このページは、katogakushujukuが2021年2月19日 14:15に書いた記事です。

            ひとつ前の記事は「上へ」です。

            次の記事は「自由な学び」です。

            最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。