2020年11月アーカイブ

究極の選択

| コメント(0) | トラックバック(0)
    みなさん、こんにちは!!
    みなさんは、漫画家の手塚治虫さんをご存知ですよね。
    鉄腕アトム、火の鳥、ジャングル大帝など...数えきれないほどの名作を残しています。
    私は中でも、ブラックジャックが好きです。無免許ながら天才的な技術を持つ医師が、さまざまな患者を手術する物語です。
    私が印象に残っているのは、船内でイリオモテヤマネコと、1人の傲慢な男性が同時に負傷した際に、ブラックジャックがイリオモテヤマネコを先に治療した話です。なぜ自分を先に治療しないんだと男性は怒ります。
    ブラックジャックは、天然記念物に指定されているイリオモテヤマネコを、治療の優先順位が高いと判断しました。男性を見捨てたわけではなく、男性の傷が浅くヤマネコの方が致命的だと判断した上での行動でした。
    ブラックジャックのマンガでは、このように道徳的な価値観を問われるテーマが他にもみられます。ブラックジャック自身も、幼い頃に致命傷を負い、1人の医師に助けてもらった身です。
      人生においても、究極の選択があります。そのとき、みなさんがどのように判断するか。考えるべきときが来るかもしれません。

    宇宙のどこかに

    | コメント(0) | トラックバック(0)
      みなさん、こんにちは!!
      宇宙人は存在すると、みなさんは思いますか??
      まあ、人間が一種の宇宙人ですから、それ以外の地球外生命体がいるか、ということですよね。
      もしいるとしたら、目の前に存在するだけで証明になりますが、残念ながら連れてきた人はいませんね。
      私たちはまだ、宇宙を完全に把握出来ていません。そのため、宇宙人がいることも、いないことも、証明できていません。
      以前、シュレディンガーの猫のお話をしましたが、箱の中の猫がどうなっているかは箱を開けてみないかぎり分かりません。何億光年と離れた場所には、当然直接行くことができないので観測された数値からうかがうしかありませんが、その場に行ってはじめて観測されなかった事が発見されるかもしれません。
      人間の心もひとつの宇宙で、他人はもちろん、自分自身でさえ分からないことがあるのではないでしょうか。
      人間は、分からないことを探究していく生物です。この宇宙のどこかにすでに宇宙人がいる、または今はいないけどこれから誕生することで、私たちが宇宙人と出会う日がくるかも...しれませんね。

    ドミノ倒し

    | コメント(0) | トラックバック(0)
      みなさん、こんにちは!!
      昼間は室内でも暖かく感じますが、夜は外に出るとやはり寒いですね。
      数学は3年生が二乗に比例する関数、相似な図形、2年生は多角形と角、1年生は比例と反比例、おうぎ形あたりがテスト範囲ですね。
        出題される問題の根本は同じで、後は問題がかぶらないよう"改造"されて出されるイメージです。
          どんなに工夫された問題でも、"未知"のものは出ません。ヤマをはっても、はずれても、根本を理解すればどんな問題にも対応できます。
            球の体積を求める公式は、球の表面積を求める公式を覚えていたら導けます。
              数学理科は、ドミノ倒しのイメージです。ひとつ倒せたら、その次その次と、理論が繋がっていきます。みなさんも、ドミノのように理解を進めていきましょう。
                domino-taoshi_12253-300x225.jpg

            極寒の冬

            | コメント(0) | トラックバック(0)
              みなさん、こんにちは!!
              11月も終わりに近づいてきました。
              冬は、大陸側から冷たく乾燥した気団「シベリア気団」が押し寄せてくるため、肌が乾燥したり、火事が起こりやすくなったりといったトラブルが考えられます。
              また、発汗量が減少する冬は、意外と夏以上に脱水状態になりがちです。
              冷たい飲み物を飲む気にならないので、温めたお茶などを飲むことを心がけましょう。
              冬は寒くてつい長湯になりがちですが、逆に水分が奪われてしまいますので入浴は10分ほどが良いらしいです。
              発砲入浴剤で体感温度を上げ、リラックスするのも良いですね。
              私は、一年の中で冬が一番苦手です。しかし、工夫を凝らしてむしろ冬を楽しみたいですね。
              みなさん、こんにちは!!
              みなさんのまわりには、たくさんの略称が使われていますよね。
              特に、情報に関する用語は知っておいていただきたいなあと思います。
            DNSは、ドメインネームシステムの略称です。 コンピュータには「IPアドレス」と呼ばれる、数字を組み合わせた住所があります。ものすごい数のコンピューターを識別するための番号が割り振られているため、そのままでは人間には扱いにくいです。それを、人が理解しやすい住所へと変換するための仕組みがDNSです。
              変換と言えば、数学で言う"関数"ですね。コンピュータを自販機だと思って、そこにお金(よく分からないコード)を入れると出てくるときにはジュース(分かりやすいコード)になっている、というイメージです。
                例えば、インターネットで何か検索したとします。用語を入力してから体感で1秒足らずで、結果が出ますよね。ものすごく速いですが、その0コンマ数秒の間に、何台ものパソコンを経由して検索結果にたどり着きます。
                  経由するコンピュータの1つ1つはDNSサーバと呼ばれます。
                    システムをみたときの印象としては、ボール(要求)を次々とパスしているようだと思いました。「これを調べて」という要求を、あるDNSサーバに送り、返され、次のDNSサーバに送り、返され、また次のDNSサーバに... ...
                      人間からみるとすごく手間がかかっているように見えますが、さすがコンピュータですので、返答は速い方ですね。
                        みなさん、検索結果が出るのに時間がかかっても、イライラしないでやってください。回線が混み合ったりしているとは思うのですが、パソコンは一生懸命サーチしていますから...。笑
                          img_02.gif

                        カイロ

                        | コメント(0) | トラックバック(0)
                          みなさん、こんにちは!!
                          また寒くなりました。カイロの季節です。すでに、使用していますか??
                            改めて考えると、カイロの発明はとても画期的ですね。携帯型カイロには、鉄粉、水、バーミキュライト、活性炭、食塩などの塩分が入っています。袋を開けると空気中の酸素が鉄分と結びつき、酸化するときに発生する熱であたたまることができます。
                              このカイロのすごいところは、密封すれば酸素を遮断し反応をとめることができるというところです。
                              一度あけたら使いきるまで発熱し続けるのではなく、途中で空気を遮断しし反応を"温存"することができます。
                              私も、チャックつきポリ袋などにいれて、何度も小分けして使ったことがあります。笑
                              受験シーズンの心強い見方、カイロ。今年も、身も心もあたためましょう。
                              ちなみにみなさん、エジプトの首都もカイロですよ。......

                          フグ毒

                          | コメント(0) | トラックバック(0)
                            みなさん、こんにちは!!
                            みなさんは、フグを食べたことがありますか??
                            フグは、漢字で"河豚"と書きます。プクーっと膨らむかわいらしい魚ですが、みなさんご存じのとおり、フグは毒を持っています。
                            種類によって毒のある部位が違うため、専門の知識を持って血抜きすれば身を食べることができるものもあります。
                            テトロドトキシンは化学式C₁₁H₁₇N₃O₈で表される、フグに含まれている毒素です。
                            致死量は2~3mgで、その毒性はなんと、青酸カリの850倍になります。
                            怖いのは、テトロドトキシンは解毒方法が見つかっていないことです。フグ料理店では、毒のある危険な内蔵を破棄する際に、厳重な鍵つきのゴミ箱に棄てることが義務づけられているそうです。確かに、間違って使われたり、持ち出されたら大変ですよね。
                            みなさん、フクが釣れたら、...逃がしてあげましょう。
                              hugu10.jpg

                          期限

                          | コメント(0) | トラックバック(0)
                            みなさん、こんにちは!!
                            期末テストが近づいてきました。早いですね。
                              最近は気温が高めで、冬が近づいている実感はあまりないように思います。しかし、11月も末ですから、確実に近づいています。
                                中学受験生は、12月に試験を控えている方も多いです。もうすでに、理大の面接を先週終えている方もいますね。
                                  来るべき日は、すぐに来ます。限られた時間に何ができるか。
                                    私は、スポーツにあまり詳しくないですが、オリンピック選手は食事のメニューまで考慮します。4年に一度の大会に向けて、日夜鍛練をつづけます。
                                      私は、スポーツの技術はもちろん、その通常では考えられない練習メニューに耐え抜く選手たちを心から尊敬しています。おそらく尋常でない精神力を身につけておられることでしょう。
                                        今年は延期という不慮の事態となりましたが、オリンピックにも基本「期限」があります。限られた時間の中で、選手たちは自分自身を高めます。
                                          期限があることは、良いことでもあります。人は、終わりがないことに不安を覚えますし、明確なゴールがあるからこそ「努力」出来るのだと思います。
                                            時間は待ってくれません。みなさんが力を発揮する日に向かって、悔いのない努力を続けましょう。

                                          テストを大事に

                                          | コメント(0) | トラックバック(0)
                                            みなさん、こんにちは!!
                                            本日は、藤田教室・灘崎教室にて3年生の模試を行いました。
                                            すでに終わった教室の子からは、社会、数学が難しかったとの声を聞いています。
                                            模試が終わったら、必ずその日のうちに問題を見直しましょう。
                                            先日は数検も行われました。入試までに3級を取得することが理想です。
                                            私は、中学3年のときに漢検の3級を受けるか準2級を受けるか迷って、準2級を受けました。結果、合格しました。
                                            検定は、対策さえすれば簡単に取得できます。受ける級に迷っておられる方は、回数のチャンスが残されていれば、ぜひ挑戦してみてください。
                                            ただ、対策の手は抜かないようにしましょう。「次がある」と思うと、人はどうしても、油断してしまうものです。
                                            一回一回のテストを大事に、真剣に取り組みましょう!!

                                          | コメント(0) | トラックバック(0)
                                            みなさん、こんにちは!!
                                            本日は、ある記事の内容に感動しました。
                                            アメリカで、スーパーヒーロー映画『アクアマン』の主演俳優ジェイソン・モモアが、7歳のがん患者の少年にサプライズを行いました。
                                            少年ダニー君は、アクアマンが大好きでプレゼントにフィギュアをもらって喜んでいました。その様子をお母さんがfacebookに投稿、モモア本人がその動画を見つけました。
                                            その後、モモアはface timeを用いてダニー君と対話し、イルカに興味を示したダニー君に「いつかいっしょに会いにいこう」と約束します。
                                            アメリカでは、特にヒーローが称えられますが、彼はダニー君にとって本当にヒーローだなと思いました。
                                            現在の医学の力でダニー君には1日でも元気になり、イルカを観にいってもらいたいです。日本でも、有名Youtuberヒカキンさんが難病の子達にぬいぐるみをプレゼントするなど行動されていましたね。
                                            ボランティア活動や寄付は、中には「偽善だ」などとあまり良い評価をしない人もいますが、どんな支援にも相手を元気にしようという意図があり、それはまぎれもない"善"だと私は思います。
                                            相手を元気づけるような事であれば、躊躇わず実行しましょう。

                                          宇宙飛行士

                                          | コメント(0) | トラックバック(0)
                                            みなさん、こんにちは!!
                                            宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、宇宙飛行士の若田光一さんと古川聡さんが国際宇宙ステーション(ISS)に長期滞在することが決まったと発表しました。
                                            宇宙飛行士になるためには、たくさんの条件をクリアしなければいけません。
                                            学力としては、大学の自然科学系学部を卒業していること。そして、円滑なコミュニケーションをとるため"英語"と"ロシア語"が話せることが必要です。
                                            また、身体的には泳げること、1.0以上の視力(眼鏡は可)が必要です。
                                            無重力空間は、やはり水中を泳ぐような感覚なのでしょうか。
                                            ちなみに、無重力空間でも慣性(静止している物体は静止を続けようとし、運動する物体は等速直線運動を続けようとする性質)が働きます。
                                            国際宇宙ステーションでは英語とロシア語が公用語なので、この2か国語を習得しなければなりません。しかも、議論して相手に勝てるくらいの力が必要とのことです。
                                            厳しい条件をクリアし、2名もの日本人の方が宇宙に行けるのは、本当に誇らしいことです。
                                            日本人代表として、ぜひ研究に精進、そして宇宙を楽しんでいただきたいですね。

                                          あこがれ

                                          | コメント(0) | トラックバック(0)
                                            みなさん、こんにちは!!
                                            みなさんは、将来住みたい都道府県はありますか??
                                            もちろん、「ずっと岡山に住みたい」と思う方が多ければ、それはうれしいことです。中には、「いつか北海道に住みたい」と考えている方も、いらっしゃるでしょうか。
                                            今年の「住みたい都道府県ランキング」では、3位が北海道になっています。2位は東京都、そして1位は...
                                            神奈川県です。
                                            東京都は地価が高いため、その近郊に住み、東京に通勤・通学される方は多いですよね。
                                            また、北海道が人気なのは、やはり広大な土地と自然、豊かな食物が魅力的なのだと思われます。今年は言うまでもなく、コロナの影響もあるかと思われます。
                                            どちらにしても、「あこがれ」の土地は存在しますよね。みなさんも、将来ここに住みたいと夢をもって資金を貯めていくのも良いですし、やっぱり岡山が好きだと、根を張って岡山ライフを楽しむのも良いです。
                                            「理想」の将来をイメージし、モチベーションにしましょう!

                                          新たな発見

                                          | コメント(0) | トラックバック(0)
                                            みなさん、こんにちは!!
                                            実は、医学界では人体に新たな臓器が発見されたとのことです。
                                            場所は喉の奥、鼻と口が奥で交わるあたりに、4cmほどの長さの臓器が左右共に存在していることが分かったそうです。
                                            内部は液を分泌できる構造になっており、唾液を分泌する臓器であると考えられています。
                                            解剖というと、日本では杉田玄白らによる訳書「解体新書」から、人体の構造が明らかにされてきました。
                                            ちなみに原本は、ドイツ人医師クルムス原著のオランダ語訳医書 『ターヘル・アナトミア』です。玄白らはその正確さに驚き、 翻訳を試みました。そして、3年半もの間言語の翻訳に苦労し解体新書が完成したとのことです。
                                            考えてみると、言葉の壁を越えて医学的な見識で繋がったのですから、すごいですね。日本に新たな医学の知識がもたらされたのです。
                                            人体は知り尽くされていると思いきや、まだまだ未知の部分もあります。将来、医学の道に進み研究されるかたがおられると思いますね。

                                          正しい疲労回復

                                          | コメント(0) | トラックバック(0)
                                            みなさん、こんにちは!!
                                          みなさん、「今日は、疲れた」と思うこと、ありますよね。
                                            そもそも、疲れるとはどういうことか。普段より多目のワークで、身体的に疲れる、または、精神的に疲れることもあると思います。
                                              疲れは、主に脳が感じています。糖分は体内で素早くエネルギーに変わるため、一時的に疲れがとれやすいそうです。そのため、「疲れたときには甘いもの」とよく言われますが、空腹時に身体が疲れて糖分をとると、血糖値が上昇する、インスリンが分泌され、血糖値が低下しすぎる、......結果的に身体が疲れるというサイクルが完成してしまいます。
                                                甘いものは食後に「ちょこっと」とるか、この時期は暖かいココアなどをゆっくり飲みましょう。
                                                  その場しのぎの疲労回復はなるべく避けて、賢く疲労回復したいものですね。

                                                  経験を積む

                                                  | コメント(0) | トラックバック(0)
                                                    みなさん、こんにちは!!
                                                    本日は、一部教室で3年生の進研テストが行われました。
                                                    皆真剣に、集中して問題を解いています。いつもと違う会社の模試で、どんなだろうとドキドキしていた方も多いのではないでしょうか。
                                                      すでに、いくつかの校外模試を受けている方もおられます。さまざまな模試を経験すればするほど、傾向が分かり、弱点が分かります。
                                                        模試を受けて終わり、はもったいないです。
                                                          模試後は基本的に間違った問題、分からなかった問題に目を向けます。それは、次のテストで同じ過ちをしないためでもあります。もしその問題が入試に出たら。今解けなくても、入試で解ければ良いのです。
                                                            ポジティブに考えましょう。本日ではなく、来週受験される方もおりますね。3年生のみなさん、大変だと思いますがファイトです!!

                                                          ニュースレター12月号Web版公開

                                                          皆さんこんにちは!

                                                          本日塾ニュースレター12月号WEB版が出来上がりました。

                                                          下記のリンクよりダウンロードをどうぞ!!

                                                          ニュースレター12月号

                                                          破れたページ

                                                          | コメント(0) | トラックバック(0)
                                                            みなさん、こんにちは!!
                                                            みなさんは、数学オリンピックの問題を見たことはありますか??
                                                            ニュースレターには毎月、算数オリンピックの問題が載っています。配った際に、一生懸命考えている子もいますよ。
                                                            本日は、数学オリンピックの問題から一問紹介します。
                                                            <問題>
                                                              1枚だけページが破れた本がある。
                                                              破れていないページ番号を合計すると15000になる。
                                                              破れたページは何ページ目だろうか。
                                                            この問題を解くに は、総和の計算を使います。公式を使って本の最終ページ番号の見当をつけ、破れたページ番号の合計(1ページ破れているので、抜けているページはxページとx+1ページなどとおけます)を求めます。
                                                              解き方はとてもシンプルで、面白いです。ネット上などに載っていますので、ぜひぜひ見てみてください。
                                                                数学オリンピックには、他にも面白い問題がたくさんあります。みなさんが知っている知識だけで解ける問題が十分ありますので、ぜひ、挑戦してみてください。53535323-ハードカバーで空のページがテーブルの上の本破れた.jpg

                                                              理系と文系

                                                              | コメント(0) | トラックバック(0)
                                                                みなさん、こんにちは!!
                                                                京都府立大が、来春の一般選抜入試で、文学部のすべての学科で「大学入学共通テスト」の数学と理科を必須とすることを明らかにしました。
                                                                すでに、文系でも数学や理科を重視する国公立大は多いです。
                                                                そもそも、「文系だから理系教科の知識を使うことはない」わけではありません。国語の長文問題を解くときは論理的に、「この単語はここの内容とイコールだから」と数学のように解きます。
                                                                私は数学、そして理科が好きなので、自分は文系だから数学はダメだ、というような考えや発言は個人的に好ましくないなと思います。逆に、理系で英語が全然ダメだ、国語は答えがはっきりしなくてちょっと...と文系を毛嫌いする方の気持ちが分からなくもないですが、それも後のことを考えると言葉にはしたくないですね。
                                                                もとをたどると、理系、文系という呼び方もあくまで「呼び方」であって、相反しているものではありません。結局、なるべく好き嫌いをせず、苦手は苦手でも一生懸命学ぶ姿勢をとることが大事ですよね。
                                                                私は、英語は苦手意識はあまりなくむしろ得意でしたが、国語は心情を読みとく小説や、古文が苦手でした。
                                                                  その当時は苦手だったのですが、古文も知識量が増えると分かるようになったり、小説でもなんでもとりあえず「数学のように」考えると苦手意識自体が薄れましたね。社会は覚えるだけだと思っていたのですが、知識が繋がるとストーリーになっておもしろいと思えるところがあります。
                                                                    無理やり好きになったわけではありません笑。ただ、学んでいくうちに考え方が変わることもありますね。
                                                                      私は今でもやっぱり数学理科が好きですが、文系科目にも理系の考え方を持ち込むことで意識が変わってきます。逆も然りではないでしょうか。ぜひ試してみましょう!!

                                                                    おうし座流星群

                                                                    | コメント(0) | トラックバック(0)
                                                                      みなさん、こんにちは!!
                                                                      本日は、おうし座北流星群が極大になるそうです。
                                                                      実際には、おうし座流星群の極大といってもある時間に一斉に星が流れるわけではなく、一時間に2、3個ぽつぽつと流れるそうです。
                                                                      おうし座は午後6時ごろ東の空に見え、午前1時ごろ天頂近くに南中、午前6時の日の出には西の空で高度約30度のところに移動すると考えられます。
                                                                      中学3年生の後半に出てくる「天体」の話では、星が1ヶ月後の同日同時刻に約30度動いた位置に見えること[360(°)÷12(ヶ月)=30(°)]などを学びます。
                                                                      知識があれば、物理現象をより理解することができて、おもしろいですね。おうし座の方も、そうでない方も、今夜は暖かい部屋の中から(寒いですから笑)空を見上げてみてはいかがでしょうか。
                                                                        1c79c68e37d476b267cf6c37e1410074.jpg

                                                                    友達

                                                                    | コメント(0) | トラックバック(0)
                                                                      みなさん、こんにちは!!
                                                                      みなさんの友達は、どんな子ですか??
                                                                      私は、友達にとても感謝しています。私の友達の一人に「宿題を終わらせてから遊ぶ」子がいて、小学校が終わって一緒に遊ぶときは必ず「宿題」から入っていました。
                                                                      その子のおかげで、「宿題」をしてから遊ぶことが当たり前になったといっても過言ではありません。
                                                                      その子の家に他にも何人か集まって、中学校になってからも一緒にテスト勉強をしたりしました。
                                                                      あくまで、私にはそのような友達がいた、という話です。みなさんの友達が進んで勉強するタイプか、それともサボってしまうタイプか分かりません。
                                                                      お調子者、しっかり者、自分を頼ってくれる子。私はいろんなタイプの友達がいて良いと思います。
                                                                      大事なのは、ふざけながら、なんだかんだ言いながら、それでも誰かがサボりはじめたら「ちゃんとしよう」という方向にもっていけることかなと思います。そんな友達関係を、みなさんには築いてほしいなあと思いますね。

                                                                    学べるお菓子

                                                                    | コメント(0) | トラックバック(0)
                                                                      みなさん、こんにちは!!
                                                                      みなさんの、好きな「お菓子」はなんですか??
                                                                      「○○製菓のこれ!!」というような、みなさんの中で定番のお菓子があるのではないでしょうか。
                                                                      最近は少なくなって寂しいですが、駄菓子屋さんに売っている"昔ながらのお菓子"が、私は結構好きです。
                                                                      今でも普通に売られている、チョコボール、ハイレモン、ミルキーはよく食べていたので、見るたび「懐かしいなあ」と思いますね。
                                                                      他にも、駄菓子はたくさんありますが、中でも「サイコロキャラメル」というお菓子をご存知ですか??
                                                                      見たことないという方は、無理もありません。実は、このお菓子はすでに製造中止になってしまったのです。
                                                                      サイコロキャラメルは、名前のとおりサイの目がふられた立方体の箱の中に、キャラメルが入っているお菓子です。
                                                                      このお菓子は、2016年3月末に生産が中止されました。理由は、生産技術の発達により次々生まれる新しいお菓子に、キャラメルというお菓子自体がポジションを奪われつつあることなどからです。個人的にキャラメルは好きなのですが...。
                                                                      この馴染み深い「サイコロキャラメル」の製造中止に反対された方はたくさんいますが、中でも桜美林大学の芳沢教授も、とある理由から反対をされました。
                                                                      芳沢教授は、AKB48選抜メンバーを決定する「じゃんけん大会」で、確率論から総選挙ベスト16が選抜入りする人数期待値を的中させる、といった確率論の専門家です。
                                                                      教授は、今の子どもたちは空間図形に弱くなっていると指摘し、食べた後に箱を展開して遊べる「サイコロキャラメル」は絶好の学習教材だと考えられていたのです。
                                                                      馴染みのお菓子が消えてしまうのも寂しいですし、こういった理由からもサイコロキャラメルは残ってほしかったですね。ただ、現在北海道ではこの「サイコロキャラメル」が売られています。みなさん、北海道旅行の際にはぜひご購入ください。
                                                                      現在も売られている他のお菓子も、時代の波に負けず、生き残ってほしいものですね。
                                                                        hokkaido-saikoro-caramel-4.jpg

                                                                    | コメント(0) | トラックバック(0)
                                                                      みなさん、こんにちは!!
                                                                        気づいたら11月。11月は霜月と呼ばれます。文字どおり、霜がおりて夜は冷え込みますね。
                                                                          霜は、0℃以下に冷えた物体の表面に空気中の水蒸気が昇華(固体化)し、氷の結晶として堆積したものです。
                                                                            私の車は、3度以下になると表示してくれるのですが、これは霜がつきやすいのを警告してくれていたのですね。
                                                                              車だと地表から1.5m の高さで気温が計測されています。気温が3度でも地表付近は0度以下になっていることがあるのです。
                                                                                霜焼け、という炎症もありますよね。体を冷やすのは良いことではないので、みなさん、生姜を食べたりしてあったまりましょう。

                                                                                やりたいことを貫く

                                                                                | コメント(0) | トラックバック(0)
                                                                                  みなさん、こんにちは!!
                                                                                  だんだんと、秋から冬に移り変わってきました。
                                                                                  アメリカの主要メディアは、バイデン氏が勝利を確実にしたと報道しました。
                                                                                  となると、バイデン氏の妻ジル夫人が新たなファーストレディーとなります。
                                                                                  ジル夫人は、高校などで英語を教える教師です。バイデン氏が大統領になっても教師を続けると宣言されています。
                                                                                  大統領の奥さんなら、(大統領自身もですが)命を狙われてもおかしくありません。
                                                                                    実際、ケネディ大統領は暗殺されたのです。国民の支持率が高いから大統領になれるのですが、それでも、支持は「100%」ではないのです。
                                                                                      当然、大統領とその家族にはボディーガードがつきます。
                                                                                        ジル夫人にもガードがつくはずですが、立ち位置が特殊ですから、ひやひやします。
                                                                                          「大統領の夫人」となったあとも、多くの人の前に立つ「教師」という仕事を続ける意思をもつ彼女はかっこいいと、私は思いました。
                                                                                            やりたいと思うことは、貫くことができます。誰が口出しできることでもありません。
                                                                                              避けられないリスクがあっても、他人に迷惑さえかけなければやりたいことをやることができます。
                                                                                                みなさんは、みなさんが思っている以上に自由です。やりたいことを貫きましょう。

                                                                                              切磋琢磨

                                                                                              | コメント(0) | トラックバック(0)
                                                                                                みなさん、こんにちは!!
                                                                                                アメリカ大統領選は、6日も当選者が判明しませんでした。郵送投票という特殊な投票システムで、集計に時間がかかっていると考えられます。郵送投票が主要投票法な国は、世界的にも珍しいです。
                                                                                                民主党のバイデン前副大統領は、勝利まであと一歩のところまできていました。ドナルド・トランプ大統領は4日に、ツイッターで「不意打ちの票の大量投下」があったことを主張しています。
                                                                                                不正が事実かどうかも気になりますが、トランプ大統領が勝利にこだわっている様子が感じられます。
                                                                                                大統領選は接戦で、わずかな票差で決まります。
                                                                                                  立候補者のその後の人生を左右するといっても過言ではありませんから、勝利にこだわるのも当然です。
                                                                                                    まさに、受験においても言えることではないでしょうか。「ライバル」というのは自分と大差ない実力を持つ者であり、そのライバルより一点でも多くとることがひとつの試練なのです。
                                                                                                      不正という汚いやり方で相手を蹴落とすのはもっての他ですね。仮にそうして勝利を得たとしても、価値があるとは私は思えません。
                                                                                                        競争はあくまで自分自身と戦うことだと思っています。
                                                                                                          みなさんは、会ったこともないライバルたちとも、試験という形で戦います。ライバルは、自分の鏡だと思ってください。身近なライバルとはお互いに切磋琢磨し、高めあうのが理想ではないでしょうか。

                                                                                                          なりたい自分に

                                                                                                          | コメント(0) | トラックバック(0)
                                                                                                            みなさん、こんにちは!!
                                                                                                            みなさんは、インターネットの「知の巨人」と呼ばれる、読書猿さんをご存知ですか??
                                                                                                              新刊の著書に、『独学大全──絶対に「学ぶこと」をあきらめたくない人のための55の技法』があります。東京大学の柳川教授が、著者の知識量に圧倒されるほどの方です。
                                                                                                                この方は、「勉強が続かない」「やる気が出ない」「目標の立て方がわからない」「受験に受かりたい」などのお悩みに対する回答を行われています。
                                                                                                                  自分の行動を自分自身で意義づけられない人は、誰かの指図なしには一歩も進めない人になる。読書猿さんは、質問者の方が自分の夢のためにがんばっていることを、「誰かにやらされている」ととらえていることに疑問を投げかけます。
                                                                                                                    勉強は何のためにするのか。私は、「なりたい自分」になるためではないか、と思います。
                                                                                                                      誰でも、挫折を経験することはあります。しかし、勉強をあきらめることは、夢をあきらめることと同じです。何も良いことなんてありません。
                                                                                                                        くじけても良いので、「なりたい自分」のイメージを持ちましょう。みなさんぜひ、この方の著書を読んでみてください。

                                                                                                                      論理的

                                                                                                                      | コメント(0) | トラックバック(0)
                                                                                                                        みなさん、こんにちは!!
                                                                                                                        みなさんは普段、ものごとを「論理的に」考えていますか??
                                                                                                                          「論理的に考える」とは、「ものごとを筋道立てて考える」ことです。
                                                                                                                        • 「雨が降ったから、運動場が濡れているだろう」
                                                                                                                        • 「解熱剤を飲んだので、熱が下がるだろう」...
                                                                                                                          • 運動場には雨をさえぎる(屋根など)がない、という前提のもと、地面は濡れていると考えられる。解熱剤は熱を下げるための薬として、臨床試験を経てつくられたものなので、効果が得られる。当たり前なのでここまで考えることはありませんが、私たちは無意識に「前提」のもとにものごとを考えます。
                                                                                                                              例えば、「あの鳥は黒いから、カラスだ」という考え方は、黒い鳥は他にもいてカラスだと決めつけるにははやすぎる(論理が飛躍している)ので、論理的とは言えません。
                                                                                                                                論理的な考え方は、数学はもちろん、すべての教科において必須ですね。数学の公式で分からない、なぜか覚えられない式があるとしたら、「何を根拠にその公式ができたのか」納得できていないのではないでしょうか。
                                                                                                                                  例えば、おうぎ形の面積を求める公式は
                                                                                                                                  「おうぎ形は円の一部である。
                                                                                                                                    →その面積の割合は、360度(円全体)のうちの中心角(おうぎ形)で表せる。
                                                                                                                                    →よって、おうぎ形の面積は(円の面積)×(中心角)/360°で表せる」
                                                                                                                                      と考えます。このように、筋道立てて納得することで、公式を忘れても導きだすことができます。

                                                                                                                                    大統領制

                                                                                                                                    | コメント(0) | トラックバック(0)
                                                                                                                                      みなさん、こんにちは!!
                                                                                                                                      今、アメリカでは大統領選が行われています。結果は目にみえてきました。
                                                                                                                                        ここで、アメリカの政治制度について。アメリカは、大統領制です。大統領制は、どのような政治を行うのでしょうか。
                                                                                                                                          まず、行政権は大統領に帰属します。(日本では、行政権は内閣がもっていますね)
                                                                                                                                            統治権力は大統領(日本では内閣総理大臣)、議会(日本では国会)、裁判所にかなり厳格に分離されるそうです。権力の分かれ方は同じですね。
                                                                                                                                              違いとして、たとえば、日本では内閣に対して不信任決議が行われるのに対し、議会には不信任案を通す権限はありません。また、日本では内閣総理大臣が閣議決定に基づき衆議院を解散する事ができるのに対し、大統領には議会の解散権はありません。  
                                                                                                                                                大統領制の良いところとしては、解職・解散は原則としてないという安定性があること、大統領・政権の責任がある程度明確だということなどが挙げられます。
                                                                                                                                                  政治の話は難しいですが、他国がどのような政治手段をとっているか、ある程度知っておきたいところですね。

                                                                                                                                                変わる大学入試

                                                                                                                                                | コメント(0) | トラックバック(0)
                                                                                                                                                  みなさん、こんにちは!!
                                                                                                                                                  これまで30年にわたり実施されてきた「大学入試センター試験」が、2021年度から「大学入学共通テスト」に変わります。
                                                                                                                                                  センター試験は、すべての問題で正答の番号をマークする形式で、記述問題は一切ありません。
                                                                                                                                                  共通テストも出題形式はマーク式ですが、「知識・技能」の評価だけでなく、それを活用する「思考力・判断力・表現力」を問う問題が出題されるとのことです。
                                                                                                                                                    単に知識(知っていること)を出力するのではなく、問題解決のためどのような判断ができるかなど思考力を重視するため、「教科書で扱われていない初見の資料等」がでると予想されます。
                                                                                                                                                      目的は、「社会の変革にあわせて思考・判断できる人を育成するため」
                                                                                                                                                        答えが1つでない、(中には答えのない)問題を考えるというのは、得意な方も苦手な方もいらっしゃいます。どちらにせよ、社会が求めているものに答えていくことが、結果、みなさんの人生を豊かにします。

                                                                                                                                                      貯める

                                                                                                                                                      | コメント(0) | トラックバック(0)
                                                                                                                                                        みなさん、こんにちは!!
                                                                                                                                                        今週より、毎週過去問課題の提出が始まります。
                                                                                                                                                        計画を立てて、修正する。自分ですることに意味があります。
                                                                                                                                                          みなさんは、旅行に行く計画を立てたことがありますか??
                                                                                                                                                            帰りの電車に間に合うように、何時までにどこどこに行く。計画を立てるときは、まず全体像をみて、すべてまわれるよう「逆算」して計画しませんか??
                                                                                                                                                              勉強の計画も、まずゴールから考えます。そして、計画は抽象的でなく具体的に。この一週間で何年度の過去問を解くのか、数学は何曜日に解くか。
                                                                                                                                                                具体的に決めたほうが、心理的にもプラスになります。
                                                                                                                                                                  努力は、目に見えにくいものです。勉強をがんばった後、1日一円、貯金する。一年間毎日行っても、金額はたったの365円です。しかし、そのかさはすごく増します。
                                                                                                                                                                    私の父は一円玉を貯金する趣味があるのですが、ぱっとみたときの量に圧倒されますね。
                                                                                                                                                                      みなさんぜひ、"お金"と"力"を貯めてください。

                                                                                                                                                                    このアーカイブについて

                                                                                                                                                                    このページには、2020年11月に書かれた記事が新しい順に公開されています。

                                                                                                                                                                    前のアーカイブは2020年10月です。

                                                                                                                                                                    次のアーカイブは2020年12月です。

                                                                                                                                                                    最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。