積極的に

| コメント(0) | トラックバック(0)
    みなさん、こんにちは‼
    天気も落ち着き、本日は晴れそうです。やっぱり、昨晩から気温が上がっているように感じますね。
    明日から木曜まで塾はお休みです。宿題をたっぷり出しておきましたので、お休み期間中もおうちでしっかり勉強時間を確保しておきましょう(^^)
    今日もパーフェクトゼミが実施されています。3年生のみなさんの様子をみて、スイッチが入っている方はすぐに分かります。"目力"が違います。
    今ひとつ調子が出ないという方、なかなか切り替えができない方は、塾の開いている日に積極的に自習をしに来てください。"自習"という行動自体が積極的なもので、"自習に来る自分えらい‼"と大げさに自分をほめてください。
    プラスにはなり得ますが、マイナスになることはありません(^^)
    塾という勉強ができる環境を最大限"利用"して、賢く勉強しましょう‼
      yubi_switch_on_14887.jpg

台風到来

| コメント(0) | トラックバック(0)
    みなさん、こんにちは‼
      本日は、台風の影響で天気が大荒れでした。
      台風は英語で"typhoon"といいます。
      台風の定義は、"熱帯の海上で発生する熱帯低気圧のうち、北西太平洋または南シナ海にあり、低気圧域内の最大風速がおよそ17m/s以上のもの"とされています。
      なお、アメリカでは実際は台風のことを"hurricane"(ハリケーン)と呼びます。
      どちらも熱帯低気圧ですが、発生した場所によって呼び名が変わります。
      東経180度より西の北西太平洋、南シナ海で発生した場合は台風、西経180度より東の北東太平洋、北大西洋、カリブ海、メキシコ湾で発生した場合はハリケーンとよばれます。
      一般的に、台風通過後は気温が上昇すると言われています。急な気温の変化に、体調を崩さないよう気をつけましょう。

    皆さんこんにちは!

    塾ニュースレター10月号のWEB版が出来上がりましたので、

    下記リンクよりダウンロードをどうぞ!!

    ニュースレター10月号

    明誠学院高等学校

    | コメント(0) | トラックバック(0)
      みなさん、こんにちは‼
      本日は、明誠学院高等学校の入試説明会に参加してきました。
      こちらの学校では、昨年より特進Ⅱ類に岡山大学進学系、新情報コースにICTエキスパート系が新設されています。
      今年度の変更点としては、特別進学コースⅢ類で「医歯薬文理系」と、新たに文系のカリキュラムが入るというところです。
      また、合否判定についても自分が合格している科までスライド式に合否判定が行われるようになります。
      こちらの学校は、先生と生徒との距離が近く学習サポートもしっかり充実しているという印象です。できるだけ上の科に挑戦し、最終的に合格した科がどこであっても、そこで精一杯頑張ることができるはずです。
      岡大進学などの目標がしっかり決まっている方も、そうでない方も、対策を万全にして受験に臨みましょう。
        また、明誠学院高等学校は将来的に中学校も創設され、中高一貫校になるとのことです。中学入試の選択肢も増えますね。今後の新情報を待ちましょう。

      山陽学園

      | コメント(0) | トラックバック(0)
        みなさん、こんにちは‼
          本日は、山陽学園中学校・高等学校の説明会に参加してきました。
            共学になったことで、理系の需要が多くなった様子です。
              私は、男子は理系・女子は文系といったような固定観念が好きではありません。山陽学園では伝統を大切にするとのことで、そのような風潮も長らくあったのかもしれませんが、この機にぜひ、男女問わず理系志望者が集まってほしいですね。
                高校入試については、昨年同様数学の三平方の定理・標本調査が出題範囲に入りません。また、出願資格の評定ラインが昨年に比べて変更されているところがあります。出願形態によるので、詳しく知りたい方はご質問ください。
                  特進コースは授業数が、musicコースは実技が充実している印象です。
                特進コースは選抜プログラム・発展プログラム・標準プログラムに分かれますが、発展プログラムで入学しても、その後の成績が評価されれば(その科目は)選抜プログラムの授業を受けることができるそうです。
                  例えば、発展プログラムにいながら、英語だけ選抜プログラムの授業に参加するといったことが可能なのです。
                    "自分はこのコースで本当に合っているのだろうか"と思うことはあると思います。しかし、入学してからも必ずしもコース相応の授業を受けなければならないわけではなく、1ランク上の授業を受けることができる可能性もあります。
                      どちらにせよ、後悔することはないでしょう。引き続き"自分が志望しているコースに入るつもりで"勉強を続けましょう。

                      電子レンジ

                      | コメント(0) | トラックバック(0)
                        みなさん、こんにちは。
                        先日、北海道の家庭で火災が発生し、2人が亡くなる事件が発生しました。
                        火元は電子レンジとみられていますが、電子レンジが爆発し発火するとなるとかなりの威力ではないかと思われます。
                        実際に、発火条件を調べる実験が行われました。肉まんのような普通の食品でも、長時間加熱を続けると煙が出てきていました。
                        また、完全に炭化したものを加熱すると火がつくことも実証されています。
                        よく、卵やアルミホイルを電子レンジで温めると危険だ、といわれますね。
                        そもそも、電子レンジは電磁波を使って食品を温めています。その電磁波を受けると物質表面に存在する電子が振動しますが、非金属と違って金属表面の電子は激しく動き回ります。特にアルミホイルは凹凸のある表面から電子が飛び出し火花が出るため、とても危険なのです。
                        卵については、表面に膜がはられているため熱の逃げ場がなくなり、爆発につながるそうです。
                        アルミホイルは水を介せば問題ないので、卵をアルミホイルで包み、耐熱容器に入れてたっぷりの水に浸すと電子レンジでも温めることができます。
                        今回の事件で何が加熱されていたのか、別の条件(ガスが充満しているなど)が重なっていないかなど調査されているところです。
                        アルミホイルや電子レンジなど、単体では便利で優れた道具も合わせると危険なことがあります。このような理科の知識はまさに生活に直結しています。みなさん、教科書に載っていることはもちろん、"こんな場合どうなるんだろう"と想像力をはたらかせ、できれば映像つきの動画で結果を調べてみましょう。
                        くれぐれも、このような事件・事故が起こらないことを祈ります...。

                      消しゴム

                      | コメント(0) | トラックバック(0)
                        みなさん、こんにちは‼
                        みなさんの、普段使用している消しゴムの消し心地はいかがですか??
                        最近はどこの消しゴムも性能が良くなって、そんなに悪い消しゴムはないような気がします。
                        私は小学生のときに一度だけ、「これは本当に消しゴム...??」という消しゴムに出くわしましたが^^;
                        ところでみなさん、消しゴムの起源をご存知でしょうか。
                        16世紀ごろ、鉛筆は存在していましたが"消しゴム"はまだ存在していませんでした。当時は小麦パンを使って消していたそうです。
                        その後、植物油に硫黄を混ぜて粉状にした消しゴムが開発されました。
                        現在の消しゴムは、天然ゴムを材料としたものと、プラスチックを原料としているものの大きく2種類に分かれます。
                        余談ですが、私は美術部でデッサンをしているときに線をゴシゴシ消していると、先生から「消しゴムは極力使わない。間違った線も残しておくんだよ」というような指導をいただいた記憶があります。
                          美術においては、いきなり正確な位置には線をかけないので、何度も線を重ねて納得の行く位置にずらしていく、という考え方なのでしょう。
                            消しゴムは、間違いを綺麗に消して"無かったこと"にできる便利な道具ですが、消さずにあえて残すことで過去の自分をたどることもできます。
                            学習においても、"私は過去にこんな間違いをしたんだな"と確認することができますね。うまく使い分けていきましょう。
                              eraser.png

                          歯磨き

                          | コメント(0) | トラックバック(0)
                            みなさん、こんにちは‼
                            みなさんは、歯磨きをどのタイミングでしますか??
                            食後すぐに歯磨きをする習慣がある方はおられるでしょうか。
                            実は、歯磨きは食後"すぐ"ではないほうが良いそうです。
                            現代の食事は酸性物質が含まれていることが多いため、食後は歯の表面が酸性の状態になります。
                            しかし、体の機能はしっかりしており、唾液が酸を中和し、溶けてしまった歯のエナメル質を再石灰化して修復してくれます。
                            この修復には、30分かかるため、ここで歯を磨いてしまうと柔らかくなったエナメル質を削ってしまうことになります。
                            このため、食後の歯磨きはすぐでないほうが良いそうですね。
                            市販の歯磨き粉には研磨剤が使われているので、あまり強すぎないよう優しく磨きましょう。
                              ちなみに、朝は朝食後でなく起きてすぐに歯磨きをされる方もおられますね。みなさんはどうでしょう??

                            9.11を忘れない

                            | コメント(0) | トラックバック(0)
                              みなさん、こんにちは
                              明日は、"9.11"。アメリカで同時多発テロが起こった日です。
                              多くの人が命を落とした悲惨な事件ですが、中には奇跡的に生還を果たした方もおられます。
                              生還者の一人、ジョセフ・ディトマーさんは、当時ビルの105階にいました。
                              ジョセフさんがいたのはビルの南棟で、ビルの北棟に旅客機が追突しすぐに避難がはじまりました。
                              上に登るか、下に降りるか...。ビルは110階建てで上には短時間で行けますが、エレベーターが使えないと降りるには絶望的な距離の避難になります。
                              しかし、この場合降りるのが正解です。事件が発生してからヘリの救助が来るまでに時間がかかりますし、その間に追突されたら一巻の終わりです。
                              エレベーターは稼働していましたが、ジョセフさんは使いませんでした。火災が発生しており、この判断は正しい判断でした。
                              死と隣り合わせの恐怖の中、一心に階段を降り続け、ジョセフさんは生き残ることができました。
                              ジョセフさんは道中、トイレに行くといって逃げ遅れてしまった人、生きては戻れないことを覚悟したレスキュー隊員たちとすれ違っています。PTSDを患われていますが、彼は事件当日の話を誰かに語り伝えることを使命とし、心を和らげているそうです。
                              当時の様子はあまりにも非日常で想像できませんが、地獄であったことには違いありません。二度とこのような事件が起こらないよう、警備はもちろん、異なる思想を持った人々と話をするなど根本的な部分で対応が必要なのではないかと思いました。

                            ジャンケンに勝つ

                            | コメント(0) | トラックバック(0)
                              みなさん、こんにちは‼
                              先日、10人でジャンケンをしたとき決着がつくまでに平均何回の勝負をしなければならないかというお話をしました。
                              ジャンケンの手の出し方はグー、チョキ、パーの3種類ですが、桜美林大学の芳沢光雄教授の研究でこの3種は常に3分の1の確率で出るわけではないことが明らかになっています。
                              研究によると、グーの確率は35%、パーで33.3%、チョキは31.7%とのことです。
                              ジャンケンをするときは"最初はグー"なので、心理的に、グーを出す確率が高くなるのかもしれませんね。
                              ジャンケンで勝つためには、パーを出すほうが確率が上がるかもしれません。
                              ジャンケンに限らず、様々なゲームに勝ちやすい手があります。オセロなどはもっと複雑でおもしろいので、ぜひ研究してみてください。
                              ちなみに私自身は、必勝法をみるのはあまり好きではありません。笑
                              自分でできるだけ試行錯誤したいという気持ちがあります。
                              みなさんは、いかがでしょう??またいろんなゲームを試してみてくださいね。